こんにちは。今回南牧村でカルテットのピアノを担当した坂本です!
私は普段はモスクワで生活しているのですが、夏休み帰国中、急遽ピンチヒッターで演奏させて頂きました!

パーカッションの岩崎さんの第一音から始まった本番、初めてのメンバーとの30分間はあっという間に終わりました。
リズム感のいい曲もしっとりとした曲も岩崎さんの演奏で立体的になり、その上にメロディーを奏でるヴァイオリンの大庭さんとフルートの武田さんのうっとりするようなアンサンブル。一緒に演奏できて嬉しかったです。

演奏後に参加したお祭りでは、私達は金魚すくいに、美味しい枝豆に…地元の方にサービスしてもらい満喫しました!
金魚すくいをしていた私たちの背後で始まった花火大会。大きな音を伴って、山を背景にスパーンと気持ちよく上がる色とりどりの花火は圧巻でした!
その後に宿泊した民宿では、疲れて帰った私たちを迎えて下さった熱々の美味しいご飯と優しいオーナーのご夫婦。
初めて食べた、川魚のやまめ、群馬の郷土料理のおきりこみなど疲れた体にしみました。

次の日は、バーベキューに慰問演奏と盛りだくさん。

くぬぎ採掘場で演奏するフルートの音色とバイオリンの音色を自然とともに聞いたとき、さわやかな風ときれいな2人の音色が合わさり、音楽と自然は本来とても近くにあるものだったのだな、と肌で感じました。あんなに贅沢な場所で音楽会が開かれるのは今から待ち遠しいです。
試演を終えた後、汗をいっぱいかきながら頂いた麦茶は、同じ麦茶なのに自宅で飲んでいるものと全く美味しさが違い!
こんなに麦茶が美味しく感じられるのはいつぶりだろう、とついつい考えてしまいました。
開け放たれた窓から見える木々も、緑がまぶしいって言葉は本当なんだなと思いました。
足だけ浸しながら透き通る川を渡ったり、河原でのバーベキューも、どれもこれも楽しい思い出でいっぱいです。

都心から2時間ほど。振り返ると笑顔が思い出される素敵な村でした。(坂本)